学生のがん闘病日記〜たくさんの方々に支えられて〜

身体は拘束されていますが精神は自由です(笑)

味覚障害体験記 part5〜私が行った味覚障害改善方法〜

こんばんは、今日のブログを更新します!



今回は前回、味覚障害を治す為に亜鉛
必要なのではないか?と仮説を立てるとこまで
書いたと思いますが、では実際にどうやって
亜鉛を取っていたのかを説明します!



前回のおさらいからいくと私の場合、
唾液分泌はお医者さんに
言わせると正常らしいので必然的に味蕾に
絞られる、そして味蕾そのものが
ダメージを受けており、且つ味蕾の数も
減少していると仮定しました!



味蕾は本来3〜4週間で生まれ変わるものなので
味覚を治す為に味蕾を再生してあげたら良いと思いました!



調べたところ、味蕾は亜鉛が不足すると
新陳代謝が悪くなり、亜鉛を取ると
味覚障害の改善になるみたいです!



現在、健全な人でもファーストフードなどの食べ過ぎで
味覚障害が問題視されているみたいで
私みたいな抗ガン剤投与で味覚障害に
なる場合は特殊なケースになるみたいですが、
亜鉛を多く取ればガン患者でも味覚障害が
治りそうだなと思ったので
亜鉛をとにかく取ろうと決めました!



亜鉛を取る為には亜鉛が豊富な食材を
食べるのが1番だと結論づけ亜鉛が多い食材を調べた結果、牡蠣がダントツで亜鉛が多くその他に小麦、レバーなどがありました!



しかしここで問題発生、今は免疫が低下してて生物など食中毒を起こしやすい食材は
食べれないため、牡蠣はダメになりました!



牡蠣は火を通してもお腹に当たりやすく
食べれない、また味覚障害のせいで小麦などを使った料理も美味しくないということで
ここからが実行に移したことなのですが
目をつけたのが健康食品でした!



以前、健康食品業界に興味があると
言いましたが効果がまばらな健康食品を
自分の身体で試して深刻な味覚障害が
早い期間で解消出来れば面白いなと思い
健康食品を試しました!



健康食品のサプリを試すことにしたのですが
健康食品のサプリは味覚障害でも味が関係なく
楽に飲めて、且つしっかり栄養も取れるので
味覚障害の自分にとっては
使い勝手の良い商品でした!



さらに元々食生活が偏っていたこともあり、
健康食品を頻繁に使用していた私にとって
サプリなどは苦にもなりませんでした!



そんなこんなで亜鉛を出来るだけとれる物を
探した結果、私が試したのは株式会社
クロレラサプライさんの牡蠣の6倍亜鉛を含んでいる
という青玉と三基商事株式会社さんの
ビタミン、ミネラル、鉄分を
多く含んでいるミキプルーンです!



この二つをとりあえず試して
亜鉛を取れば、私の場合完治するまでに
半年間かかると言われた味覚障害を
早く治るのではないかと思い、試しました!



次回は実際に二つを試してみて
その後味覚障害がどのように変化したのか
について書きたいと思います!



それでは!