読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

23歳大学生のポジティブな悪性リンパ腫闘病日記

身体は拘束されていますが精神は自由です(笑)

明日はいよいよ

こんばんは、今日のブログを更新します!




今日の朝からいよいよ九州大学病院

PET検査を行います!




PET検査とは簡単に言えばガン細胞が

無くなったかどうかの検査らしいですが

いよいよ今日の午前中に分かると思うと

少し緊張しますね!




今日の検査を受けるにあたり思い出すのが

11月の半ばに受けたPET検査と骨髄液の

検査です!




今日の検査は治っているかどうかの

検査なので自分自身ウキウキしている

のですが、11月半ばに検査を受けた時は

ガン宣告を受けてすぐだったので

気持ちに整理もついてないし、

ガンが初期なのか末期なのかと

色々ドキドキしながら検査を受けたので

心境がまるで違いました!笑




心境も去年の11月と今では大きく

違うのですが1番強く感じるのは

やっぱり時間の大切さです!




病気をする前は時間は大切だと

ぼんやりしたものはあったのですが

病気をした後は少なからず命について

考えたりしますし、時間は有限なので

その中でいかに充実した生活が送れるかを

意識して考えることになりました!




また時間の大切さを意識する中で

同じ時間を過ごす時、精神的に

浮き沈みがあってもやっぱり時間は平等に

過ぎるものだなと思いました!




上記の文章が下手すぎるので

私なりの具体例を出すと、病気で

入院している時、抗ガン剤治療や

放射線など決して楽な治療では

無かったのですが、そこでなんで私だけ?と

悲観的に考えても、逆に良い経験が

出来たなと前向きに考えても

結局、時間は平等に過ぎるのだということ!




この事が分かったことは病気を経験出来た

事ことと同じくらい勉強になりました!




まとまりはないですが

結果的に時間は有限だということを強く

意識することが出来たので同じ時間を

過ごすなら前向きに過ごそうと思ってます!




もちろん気持ちの浮き沈みは

人間なのでありますし、嫌な時、苦しい時も

あるのですが、気持ちが沈んだ時に

悲観的で捉えるか(現実逃避などをしてしまう)、前向きに捉えることが出来るか(良い経験になった)で時間を有限に使えるかどうかが左右される気がするのでこれから

意識していきたいです!




今日の検査前に今の心境を書いてみました、

これで以上です!




それでは!