学生のがん闘病日記〜たくさんの方々に支えられて〜

身体は拘束されていますが精神は自由です(笑)

51章 日常生活を濃く生きる為に〜自分の価値観を明確にすること〜

こんばんは!







前回に引き続き今回も
私がガンを前向きに捉える要因となった
タル・ベン・シャハーさん著書の
「次の2つから生きたい人生を選びなさい」
の記事の一部を紹介したいと思います!










以下引用。








A 急いで生きる
B 大切なことに意識を向ける

---------------------------------------------------------
大切なものは物だけであり、重要なことは
目に見えるものだけだと世間は言う。

職業コンサルタント  ローレンス・G・ボルト
---------------------------------------------------------








私たちは人生の価値を「客観的な基準」で
測ろうとします。








その基準とは、社会的階層、稼いだ金額、
獲得したトロフィーの数、ガレージに並ぶ
車の台数、そしてこれまでに手に入れてきた
「物」です。








しかし、じつは物理的な基準に沿った成功は
長く続く幸せをもたらさないことが
多くの研究で証明されています。








気持ちの落ち着きや長続きする幸せを
得るためには、社会がこう望むべきだとか、
こうするべきだと押し付けてくるものではなく
自分にとって本当に大切なものを見きわめ、
それに意識を向ける必要があります。








Action 「本当に大切なこと」に時間を使う








映画「もしも昨日が選べたら」では
主人公のマイケル・ニューマンは多忙な生活を
送っています。








彼のいちばんの関心事は仕事で出世することで
そうすれば真の幸せが手に入ると思っています。








ある日、マイケルは人生を早送りできる
魔法のリモコンを手に入れ、出世するまでの
すべての出来事を早送りしてしまいます。








仕事の苦労や困難だけでなく、
妻と愛し合うひとときといった日常生活の
喜びまで何もかもを飛ばしてしまいました。








目指す最終目標に直接関係しないことは
すべて無駄な回り道だと、彼は考えたのです。








年老いたとき、彼はようやく自分の犯した
過ちの大きさに気づきます。








人生を生きる価値があるものにする
大切な瞬間を、すべて早送りしてしまって
いたのです。








しかし、そこはハリウッド映画。








マイケルには二度目のチャンスが与えられます。








しかしながら、現実の世界では
そうはいきません。








長期的な目標だけに集中し、
目の前の大切なことを見過ごしてしまった
としても、人生に二度目のチャンスは
ないのです。








本当に大切なことに自分の人生の時間を
使ってください。








--------------------








上記の内容は病前と病後の私を
象徴する記事だと思います。








病前の私は服が欲しかったり、
ブランドもの装飾品が欲しかったり
カッコ良いバイクに乗りたかったりと
とにかく物欲に正直に生きていました。








だからこそバイトなどでお金を貯めては
欲しいものを買って、またすぐに欲しいものが
出て来てそれをお金を貯めて買うという
サイクルを繰り返していました。








もちろん今も物欲はありますが
病気をしたことにより、価値観が大きく
変化しました。







病気をしてから簡単に外に出れなくなり
人にも会えなくなり、副作用の味覚障害
飲食物を美味しいと感じなくなり、
私が日常で感じていた当たり前が何一つ
出来なくなる。








引用中のマイケル・ニューマンのように
私は大事な”日常生活”を疎かにしていた事に
当たり前の日常生活を失った後に
気づきました。








いつでも元気で過ごせるありがたさ
誰とでも会える楽しさ、人の温かさ
美味しいと感じれる喜びなどなぜもっと
大切にしなかったんだと強く後悔した事を
今でも鮮明に覚えています。








幸いにも病気が寛解して
一般の方と同じような生活をこなせるように
なり、価値観や考え方を変えるキッカケと
なりました。








だからこそ私は物欲よりも
日常のありがたさ、その時々の瞬間
人の温かさなどを大事にしたいと思うようになり
そう思った時から凄く幸せな生き方が
出来ていると思います。








病気をする前は買っても買っても満たされない
物欲との闘いでしたが病気の後は日常生活を
生きるという事に価値を置いているので
毎日を過ごしているだけで満たされるという
自分にとって良い考え方に結びついています。








この考え方の転換こそ病気をした事による
学びであり、然るべきタイミングで
病気になったので何か意味があるのではないか
と前向きに捉えています!







自分の大切にしたい事を明確にしてますか?








大切にしたい事をする為に
日々生活を送っていますか?








それでは!








50章 悪性リンパ腫 ガンを受け入れる手段〜ユーモアと心の余裕を持って「笑う」〜

こんばんは!







前回に引き続き今回も
私がガンを前向きに捉える要因となった
タル・ベン・シャハーさん著書の
「次の2つから生きたい人生を選びなさい」
の記事の一部を紹介したいと思います!










以下引用。








A 人生を深刻に捉える
B ユーモアと心の余裕をもつ

---------------------------------------------------------
ユーモアのセンスがない人は、スプリングの
ない荷馬車のようだ。道の小石を踏むたびに
ガタガタと揺れる。

牧師   ヘンリー・ウォード・ビーチャー
---------------------------------------------------------








心理学には「認知再構成」という言葉が
ありますが、これは物事を違った角度から
捉える能力のことです。








困難な状況のとき、問題の中のユーモラスな
部分やいいところに目を向けるなどして、
物事を別の角度から見たほうが自分にとって
有益になる場合があります。







もちろん、物事を厳粛に受け止めることが
適切な場合もありますが、たいていの場合
私たちは深刻になりすぎて、おもしろさや
遊びの部分を見逃してしまいます。








子どものころの大笑いや喜びを
取り戻すことで、人生が楽しくなり、
心身の健康が向上します。








周りの人から見ても、一緒にいて愉快な人物と
思われることでしょう。








Action 「笑い」を生活に取り入れる








ジャーナリストのノーマン・カズンズは
40代後半で重度の関節炎と診断されました。








昼間起きている間は痛み止め、夜眠るときは
睡眠薬が必要になりました。








さらには、残された日はそう多くないと
医師から告げられたのです。








カズンズは以前、ストレスやネガティヴな
気持ちは、免疫系に悪い影響を及ぼすという
記事を読んだことを思い出しました。








その説は正しいと考えた彼は、病気と
闘うことを決意します。








彼は自分で考えた治療を始めました。








その主な治療法は「笑う」ことです。








コメディを見たり看護師に面白い話を
読んでもらったりして、お腹がよじれるほど
笑ったあとは、数時間痛みが消えることに
カズンズは気づきました。








「笑う」治療法はとても効力を発揮し、
やがて痛み止めも睡眠薬もいらなくなり、
仕事に復帰することができました。







この発見が裏づけられるまでその後何年も
かかりましたが、今日では、笑いが痛みを
和らげ、免疫系を強くするという研究結果が
多く見られます。








世界中の多くの人の熱心な活動のおかげで
ユーモアが治療の重要な要素だと
受け入れられるようになったのです。








別の病気でなくても構いません。








生活にユーモアを取り入れることで
大きな幸福感がもたらされ、人間関係が
円満になり、健康状態もよくなります。








ぜひ「楽しい要素」を取り入れてください。








お気に入りのテレビ番組を見たり、
インターネットでジョークをチェックしたり
あなたを笑わせてくれる友人に
会ったりしてみてください。








--------------------








上記にあった「認知再構成」という言葉
物事を違った角度で捉える能力は
悪性リンパ腫 ガンを経験したことで
強く鍛えることが出来たと思います。








私自身、最初は悪性リンパ腫に悲観的でしたが
「自分が悲しむと周りの方を悲しませる」
「やりたいことがたくさんあるからこそ
早く治したい」など自分の欲求が出始めてから
悪性リンパ腫を前向きに捉えるように
なりました。








そんな私が治すために意識していた行動が
実は引用の例で挙げられた
ノーマン・カズンズさんが行なっていた
常に笑うことです。








当時は笑うことで痛みを和らげ
免疫系をあげるという研究結果は
少し聞いたことがあるくらいで
「周りの人をこれ以上悲しませない為に
人前では笑おう」や「かつて身近な方が
どんなに苦しくても笑い続けて末期ガンを治したから真似してみよう」などが主な理由で
笑うことを意識して行動しました。








この行動を始めて、最初は苦しくても
笑っているので時に心が疲れる事も
あったのですが段々と慣れてくるにつれて
笑っているとその状況が本当に楽しくなり、
見ている景色そのものが楽しく映ります。








そうなると悪性リンパ腫も良い経験として
捉えるようになり、気がつけば闘病は
自分にとってそんなにきついものではなく
寧ろ貴重な経験をさせてもらっていると
考えるようになり、ここまでくれば
多少の事では折れないメンタルが
出来上がっていると思います。








最初はどんなに苦しくても人前では笑顔を
絶やさないという小さな取り組みから
始めましたが、積み重ねれば今や病気は
寛解し、結果論ですが「笑う」という事は
痛みを和らげ、免疫を上げるのだなと
研究結果に納得しています。








この経験があるからこそこれからも
私はどんな時も笑顔を絶やさないように
心掛けますし、毎日自分で「笑う」という
小さな治療をし続けると思います!








物事を深刻に捉え、自分を苦しめて
いませんか?








ユーモアと心の余裕を持ち、
「笑う」ことは出来ていますか?








それでは!


49章 悪性リンパ腫を前向きに捉える初めの一歩とは?〜現実や苦しみを受け入れ、闘う体勢を作る〜

こんばんは!







前回に引き続き今回も
私がガンを前向きに捉える要因となった
タル・ベン・シャハーさん著書の
「次の2つから生きたい人生を選びなさい」
の記事の一部を紹介したいと思います!










以下引用。








A 現実を認めない
B 現実を受け入れて行動する

---------------------------------------------------------
現実を直視しなさい。「かつてそうだった」
とか「そうだったらいいのに」ではなく、
ありのままの現実を。

---------------------------------------------------------








世の中には自分の力で変えられることと
変えられないことがあります。








変えられないことについては、それが
どんなに自分の望みと違っていても
受け入れる必要があります。








たとえば万有引力の法則が気に入らず、
重力なんてなければいいと思ったとしても
ほとんどの人はこれを受け入れ、
重力のある世界で生きる術を学んでいます。








もし万有引力の法則を受け入れないなら
人は生きること自体難しくなるでしょうし、
生きていてもつねにフラストレーションを
感じることになるでしょう。








同じことがすべての現実に当てはまります。








時間をさかのぼって過去をやり直すことは
不可能ですし、物理的な限界に逆らうことも
できません。








現実から目を背け、「こうなったらいいのに」
と考えて人生を送るのではなく、もっと
本質的な思考に時間と労力を費やす必要が
あります。








Action 現実を直視する








ウェルビーイング(心身の健康と幸福)の
研究の第一人者として知られる社会学者の
アーロン・アントノフスキーは、人間という
存在は生まれつき苦痛をもっているものだと
言います。








また約2500年前、ブッダは苦しみを
気高い心理のひとつとして説きました。








アントノフスキーとブッダによれば、
困難、不満、絶望、そして不幸は、人生の
一部ということになります。








彼らは人生に対して根っから悲観的
なのでしょうか。








いいえ、そうではありません。








現実的なだけなのです。








この現実主義は「よりよい人生への近道を
知っている」と主張する昨今の自己啓発
指導者たちとはまったく対照的です。








彼らは「成功への5つの簡単なステップ」や
「富と名声を得るための3つの鍵」や
「永遠に幸福になるためのたった1つの秘密」
などを約束します。








しかし実際にはそんな”近道”など存在しません。








人生を十分に生きるため、また充実した
人生を送るためには、日々の努力と奮闘が
必要なのです。








苦しみは存在するという現実を認識した
アントノフスキーは、その上で、苦しみに
うまく対処している人の研究を続けました。








ブッダは苦しみから解放される方法を
探求しました。








そして彼らはよりよい人生を送る叡智を
生み出し、人々に大きな影響を与えました。








あなたの関心事がビジネスであっても
科学でも、人間関係でも、幸せな人生を
送ることであっても、成功するためにはまず
「現実を直視すること」から始めることです。








--------------------








上記の内容は昨日と重複しますが
まずは現実を受け入れることが私のような
重病患者にとってはとても大事だと思います。








私は病気になった当初「もし病気を
打ち明ければ周りの人との関係性が
崩れてしまうのではないか」という
恐怖があったと昨日書きましたがその恐怖を
認め、周りの人を信じて話した結果
同情され、情けをかけられるどころか
たくさんの励ましと支えを頂き
病気が寛解する一つの要因となりました。








そして現実を受け入れることのメリットは
これだけではなく、まだあります。








それは現実(苦しみ)を受け入れることで
自然に打開策を探す姿勢が出来上がるという
ことです。







私は病気になった当初、病気を打ち明けた時
周りとの関係性が崩れる危険性を
感じていたのと同時に「なぜ若い自分が
ガンにかかるのだ」と悲観していました。








1度悲観してしまうと病気のマイナス面しか
見えなくなり、何をしていても気分が晴れない
そんな心境に陥ります。








だからこそまずは現実を受け止めることで
「落ち込んでも仕方ない。病気を治す方法を
考えよう」や「病気は苦しいし、辛いけど
この経験をどうにか活かせないか」など
自然と悪性リンパ腫と向き合う姿勢が
生まれました。








私がたかが20年くらいで会った方々の中でも
苦しみを抱えながら生きている方が
沢山いらっしゃってみなさん現実(苦しみ)を
受け止めて上手く付き合いながら対処されて
いました。








その姿こそ美しいと思いますし、
私自身が現実から目を背けず
しっかりと向き合う事の大切さを学んだ
きっかけとなりました。







少なからず私は現実を受け止めようと
思った瞬間から悪性リンパ腫 ガンの捉え方が
変わり、その結果として今の健康体な私が
いると思っています。








現実を認めず逃げ続けていませんか?








現実と向き合い、苦しみを認める事で
日常を奮闘する体勢をつくれていますか?








それでは!