読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

23歳大学生のポジティブな悪性リンパ腫闘病日記

身体は拘束されていますが精神は自由です(笑)

号外編 7章 大きな変化を生むために〜まず5分間やってみる〜

おはようございます!









前回に引き続き今回も
私がガンを前向きに捉える要因となった
タル・ベン・シャハーさん著書の
「次の2つから生きたい人生を選びなさい」
の記事の一部を紹介したいと思います!








以下引用。








A 先延ばしにする
B いまやる

---------------------------------------------------------
  どんな長い旅も、最初の一歩から始まる。

                                                          老子
---------------------------------------------------------








問題を先送りにして、今日できることや
すべきことを無意味に先延ばしにするのは
誰もがよくやっていることです。







たとえば、大学生の70%以上は、
自分のことを「先延ばしにするタイプ」
だと言っています。








すべきことを何かと先延ばしにしたくなる
気持ちは理解できますが、そうすることで
私たちは大きな代償を支払っています。








研究によると物事を先延ばしにする人の方が
ストレスを多く感じていて、
免疫システムも弱く、よく眠れず、幸福感も
低いそうです。








しかしありがたいことに、「先延ばし」を
やめるための有効な手段も研究によって
明らかになっています。








その中で最も重要なテクニックは
「5分間テイクオフ」
(まず5分間やってみるという方法)です。








先延ばしにする人は、「何かを始める時は、
本気でやる気になったときだ」と
思っていますが、しかしそれは違います。








Action「とにかく」する習慣をつける








「先延ばし」の傾向について調査している時
私は妻のタミに「5分間テイクオフ」を
説明し、私が午前中、執筆活動を開始する
ためにしょっちゅうこのテクニックを
使っているという話をしました。








すると妻はびっくりしたように
「あなたはいつもさっとパソコンに向かって
そのまま何時間も仕事をしているじゃない。
いつも集中してるわよ」言いました。








たしかにその通りですが、だからといって
私が物事に取り掛かるのが得意だという
わけではないのです。








特に最初の5分間は気が散ってしまい、
集中力が出ず、なかなか生産的になれない
ことがあります。








5分間テイクオフを2〜3回繰り返さなければ
ならないこともあります。








私は最初の10〜15分間、ひたすら
「とにかくする」(ジャスト・ドゥ・イット)
ことを心掛けています。








もしあなたがなかなか運動できないで
いるなら、「とりあえずランニング
シューズを履いて走りはじめる」ことを
選んでみてはいかがでしょうか。








行動すればすみがつきます。








やらなければならない仕事があるなら、
ベストタイミングを待ったりせず、
「いますぐ始める」という選択を
してください。








--------------------








上記の引用はすごく参考になりますが
実際私は「とにかくやる」事が
凄く苦手で「5分間テイクオフ」を
よく使っています。笑








実際は自分で先送りせずに出来るのが
1番であり、私は本質的に怠け者体質なので
31章で書かせて頂いたように入院中のリズム
(起床、消灯、ご飯、治療時間等)によって
半ば強制的に制約をかけられ、
先送り出来ない生活を強いられてました。笑








しかしこの経験により、先送りだらけ
だった私の生活にリズムが生まれ、
結果的に退院後も「〜まで終わらせる」
「とりあえず取り掛かる」などの習慣が
身につき、味覚障害研究など結果を
出せる要因に繋がっています!








引用の中で「研究によると物事を
先延ばしにする人の方がストレスを
多く感じていて、免疫システムも弱く、
よく眠れず、幸福感も低いそうです。」


とありましたが実際に先延ばしにすると
心のどこかでその事が気になり、
なにか気持ち悪いという状況に陥ります。








逆に集中出来ても出来なくても
「とにかくやってみる」で着手した事は
少なからず実行しているので充実感が
得られ、気掛かりが何もなく、スッキリして
寝る事が出来ます。

(これは私が大量に経験済みで私の場合、
朝まで起きる事なく快眠できます)








どうせ先延ばしにして気になるなら
いっそ中途半端でもまずやってみる事が
重要だと思いますし、その微妙な違いが
後に大きな差になって現れるのではないか?
と思って私は「とにかくやる」を
心掛けています!








この習慣が功を奏したのか、
味覚障害研究では結果を残し
その際にガンについて勉強したので
1年間再発もなく無事過ごせているのだと
思っています!








やるべき事を先送りしていませんか?








「まずやってみる」を実践出来てますか?








それでは!