読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

23歳大学生のポジティブな悪性リンパ腫闘病日記

身体は拘束されていますが精神は自由です(笑)

27章 ガンにかかったことによる利点〜時間単位が1日→1時間に〜

こんばんは!







前回の振り返りとしてガンに
かかったから多少なりとも”死”を
意識するようになりこの状況になって
「時間は有限なのだ」と気付く。

そして「時間は有限なのだ」と
気付いたからこそ日常いかなる時も
何かを得て、何かを学びたいと細部に
目を配るようになり、ガンにかかる前と
ガンにかかった後では時間の質が
全く異なるものになっていると思われる。







それでは続けます!







実際に私はガンにかかる前は
時間単位を1日で考えていました!







具体的にいうと「今日1日
何しようかなぁ」「明日は
何しようかなぁ」とこんな感じで
目的もなくただゴールのない迷路を
さまよい続けるイメージ。







そこに何かあるわけでもなく、
また何か求めてるわけではない
ある種究極の怠惰な学生を
やってました。笑







しかしガンにかかった事で
「時間は有限なのだ」と気付き
少なくとも今は「この1時間は〜をする」
「次の1時間は〜する」と1時間単位で
物事を見るように心掛けています。







「時間は有限」だからこそ
生きている間に何が出来るのかを
意識するようになり、その大きな目的を
3年→1年→6ヶ月→3ヶ月→1ヶ月→1日と
細かく分けていくことで小さな目的ができ
この目的を果たそうと思えば「今日1日
何しようかなぁ」では絶対に無理です。

(私がすでに経験済みなので。汗)






少なからず病気になった事により
時間の重みが1日単位→1時間単位に
変わったのでこれは今後生きていく上で
膨大な時間を過ごすと仮定すれば
時間の浪費がかなり減るので寧ろ
良かったと思います!









そして上記のような事を意識していると
私の姿を見て周りの方々が「時間の
重みが違う」「自分の生き方を見直す」
など身に余る言葉を投げかけて頂けます!







 
嬉しいお言葉ですが私からすると
ガンにより半ば強制的に気付かされた
事であり、気付かされた事から自分は
どうあるべきかと考え行動した結果
たまたま上記のようなリアクションを
頂いただけでこの考えはガンなど大病を
患った方々は大抵気付いていると
思います!






だからこそ時間の重みを周りの方々に
見えるくらい意識して日常を過ごしましょう!







そうすれば自分自身の生き方も
変わってくると思います!






目標、目的もなく1日ダラダラと
過ごしていませんか?







1時間単位で時間を意識するべく
大きな目的を小さな目的に分けて
行動する事が出来てますか?






それでは!