読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

23歳大学生のポジティブな悪性リンパ腫闘病日記

身体は拘束されていますが精神は自由です(笑)

自分の役割とは人によって開発されるものではないか?

こんばんは、今日のブログを更新します!




つい最近の出来事ですが

地元の友達と地元の温泉に入っている時

たまたまブログを見て下さっている

Hさんにお会いし、以下のようなお言葉を

頂きましたので紹介します!






私のブログを読んでいると

大変感化されるとおっしゃって頂き、

何が感化されたのかを聞いていると

Hさんは社会人の方なのですが

上司の方からいつも3年後、5年後の事を

常に考えなさいと言われるそうです!





もちろん将来を考える事は大事だが

私のブログを見て、将来の事だけでなく

今、この瞬間を精一杯生きなければという

思いになって頂けたみたいです!





自分で言うのは大変恐縮ですが

私のブログによってHさんの時間意識が

ぼんやり将来視点→今、瞬間視点も

加わったのかなと大変嬉しく思いました!





社会の事は何も分からないので

何とも言えませんが将来を見通す事に加え

生命の大事さを感じて今、この瞬間を

精一杯生きなければと感じて頂ける事は

私がブログを通して伝えたい事の1つであり、丁度1年前にブログを書き始めましたが

拙い文章ながらも発信をなんとか続けて

良かったなと思いました!





私のブログが皆さんにどれほど

役に立てているのか分からないので

ブログを見て下さっている方に

感想を頂くことは大事だなと思い、

またリアルタイムで情報発信する事は

どこかでニーズがあるかもしれないので

精度を上げつつ発信を続けて行こうと

思いました!





Hさん、貴重なお話をありがとうございます

地元に帰った時はまたぜひお話しを

聞かせて下さい、宜しければお湯に

浸かりながらでも!笑




--------------------

最近の活動内容

英語のレッスン、友達と会い近況報告、

卒業論文

--------------------

最近はひたすら英語のレッスン、

週1回の日本人レッスンを受けて

習った単元や、言葉、文を徹底的に

復習して実際に週2回のネイティヴレッスンで話してみるというサイクルを

ひたすら繰り返しています!





そして息抜きに友達と会い、

温泉に行って話しながら疲れを取ったら

後はひたすら卒業論文という生活です!





その間に最近芥川賞を受賞した

村田沙耶香さんの「コンビニ人間」を読了





内容は主人公が世間一般の人との感覚が

ズレているが故に自分というモノを殺す、

一切自分を出さない事に徹した結果、

人間の世界での役割、存在意義を

無くしていた。





しかしコンビニという

マニュアル化された世界でマニュアルに

従うことで自分の役割を見つけ、

長年働きながら様々な外部要因を

対処していくというお話!

(私の個人的な感想なので

気になればぜひ読んでみて下さい)





この本を読んで主人公の

人間的感情の欠如に多少気持ち悪く

感じましたが(笑)同時に私の世間での

役割とは一体何なんだろうと思い、

ふと考えたりしています!





という訳で今までを振り返りながら

本題「自分の役割とは人によって開発されるものではないか?」に

入っていきます!





思えば私は「コンビニ人間」の

主人公とはジャンル違いではありますが

ある種の異端児ような存在であったと

人生を振り返って思います!





中学に進学時は皆が中学の部活に

入部する中、野球のクラブチームに入ったり

地元の公立高校に進学出来ると言われながら

皆の反対を押し切って私立高校に

野球部として入学!





高校時代は故障や精神的に病気にかかり、

野球を断念してので、勉学で大学に

進学しようと決意したものの高校の

偏差値が低く現役合格を断念、同期が

推薦で大学に入学する中、恐らくその高校でただ1人浪人生活に進み、現在の福岡大学

進学!





そして極め付けの去年の悪性リンパ腫

かかるなど人とは違う道を歩んできました

(もちろん病気は自分で選択するものでは

ありませんが。笑)





過去を振り返り、人と違う道を

選んでいたのは私の中で人と違う、厳しい

道を進み、努力すれば人とは

違う人生を歩めるという漠然とした

理由でした!





そしてその背景には「普通」の人に

なるのが嫌でどうにかして人と違う

人生、または存在意義を探して

いたように今となっては感じます!





結果的に見れば当時の私は

自分で自分を開発し、何かしらの

役割を見出そうとしてた様にも感じます!





しかし、そんな事すら吹き飛ばす

悪性リンパ腫という病気にかかり

私は去年入院する事になり、身体も

動かせず閉鎖的な病院という空間に

入らなくてはいけない、そして自分自身では

どうしようも出来ない外部要因が現れ

途方に暮れていた時にある方が

ブログを作って発信してみれば?という

提案を頂きました!





当時は私自身が書いたブログに

何の意味があるのだろうかと疑問に思い

正直未知なる世界だったので書く事を

迷っていました!





しかし、実際に書いてみたところ

病気のリアルタイムを発信するというのが

意外と評判が良くてこの経験は私自身では

決して成しえなかった事であり、

まさに人に開発してもらった瞬間でした!





そして1年経った今でもHさんの様に

私のブログを見て、何かを感じ取って

頂けているのが凄くありがたく

今まで主体的に存在意義を探していた

私にとって人から開発されるという体験は

新鮮で自分自身の可能性を認めて

くれているのだと嬉しく感じました!





自分1人だと苦しく感じるのですが

どこかで人の為になる、喜んでくれていると

感じると苦しみが無くなり、もっと

頑張ろうと意欲的になります!





この経験から人から開発された

長所なり役割は人の為になると思うので

これからも人と会って開発されまくり

たいと思っています!笑





まだまだ全然掴めていませんが

今の所は病気などを通して私の経験を

発信する事で誰かの役に立つ事が出来る、

自分の「役割」を果たす事が出来るのでは

ないか?そしてこの「役割」は自分で

探したものではなく、人に見つけて頂いた

ものなんだと改めて感じました!





みなさんが人に求められる役割は

なんですか?