読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

23歳大学生のポジティブな悪性リンパ腫闘病日記

身体は拘束されていますが精神は自由です(笑)

自分の目で見て初めて感じる恐怖、刺激の体験〜自分の目で物事を見ることでリアリティのある情報が脳にインプットされ、それが原動力になりうる〜

みなさんこんばんは、今日のブログを

更新したいと思います!





今回は8月27日から8月28日にかけて

熊本に行ったことについて書きたいと

思います!





そもそもなぜ熊本に、また何を目的に

熊本に行ったのかという事から

説明させて頂きますと熊本に行くキッカケと

なったのは浜中圭助さんという

私が兄のように慕っている方から

誘われたのが始まりです!





まずこの浜中圭助さんとは誰?と

思ってる方もいらっしゃると思うので

説明させて頂くと遡る事、去年の夏場に

私自身、毎日にやりがいを感じず

何かを変えたい、何か一歩を踏み出したいと

思っていました!





その時に丁度友人が東北のボランティアに

個人で行ってくるという事で私も便乗

させてもらい、東北のボランティアに

去年の夏場に行きまして、そこで

東北のツアーコンダクターみたいな形で

案内して頂いた方が浜中圭助さんです!





しかも不思議な事に色んな方に紹介

して頂き、巡り巡って浜中さんに

行き着いた訳ですが東北で初めて

お会いしてそのまま3日間、初めて

お会いする方と東北を巡るという

不思議な縁を感じずにはいられなかった

東北ボランティアの旅でした!





しかも初対面にも関わらずレンタカーの

手配をして頂いたところから始まり、

宿の手配、美味い店巡り、被災地案内

色んな方に紹介して頂くなど無償で

色んな事をして頂いたという私にとって

尊敬出来る兄のような方です!





そんなこんなで中々お会いする機会は

無かったのですが、病気にかかった時には

度々連絡をして頂いたり、例えば

パソコンスキルでわからない事があれば

教えて頂いたりと、お会い出来ない間も

色々と面倒を見てくださり、

まさに血こそ繋がっていませんが

兄貴のような存在でした!





そんな兄のような方、浜中さんに

今回熊本で震災復興のイベントがあるから

良かったら一緒に行こうという事で

熊本の被災地を自分の目で見たかった事も

あり、イベントに出席する、そして

震災地を実際に見てくる事を目的に

ご一緒させて頂きました!





27日の早朝にレンタカーで

東北ボランティアの時に一緒に行った

友人2人に私+浜中さんという4人で

行ったのですが面白い事に浜中さんと

お会いするのが人生で2回目という

奇妙な感じ!笑





去年お会いして以来、連絡は

取って頂いてたので久しぶりな感じは

全くしなかったのですが人生で

2回目お会いする方とまた旅が出来るなんて

巡り合わせは面白いなと感じてました!笑





前置きが長くなりましたが27日の

お昼前に熊本に着きまして、

バイブ熊本さんという熊本の

復興支援を行っている団体の方々に

実際にお会いし、リバイブ熊本さんが

主催するイベントに参加させて頂きました!





バイブ熊本さんが実際に

何をされてる団体かと言いますと

私も無知な故、受け取りが間違っているかも

しれませんがICTという情報通信技術を

被災支援を行う団体や組織等に利活用

促進されている団体さんです!





より早い情報伝達を行い

たくさんの方を震災から救いたいと

強く願っているのだなとイベントに

参加して思った率直な感想でした!





そして東北ボランティアの時もそうでしたが

私自身の目で被災地の方を助けよう、

次の被害が来る時には被害を軽減させようと

奮闘されてる方々を見る事ができ、

自分自身は今の所、病気も落ち着き

幸せであると同時にどこかで苦しんでる方々もたくさんいて自分の目で見てないが故に

どこかで客観視している私がいるなと

強く感じました!





そんなこんなでイベントが終わり

イベントに参加されてた方々と懇親会に

行かせて頂き、そこでは役所の方もいれば

大学教授の方もいればと色んな業種の方に

お会いする事が出来、色んな考えに触れて

勉強になりました!





夜はリバくまさんの一員である

村嶋亮一さんという方のお家に

泊まらせて無料で宿泊させて頂き、

近くの温泉に連れて頂いたり、夜は

ギターの弾き語り聞かせて頂いたりと

楽しい夜を過ごさせて頂きました!

(お酒も飲んでいたので弾き語りに合わせて

歌も歌わせて頂いたりと最高の夜でした笑)




28日は昼前くらいから

村嶋さんの案内で熊本巡りを

させて頂きました!




震災で阿蘇などは道が倒壊している

地域などもあるみたいで山道を通り、

その途中で美しい景色を見たり

阿蘇神社に行き、地震で倒壊している

神社を目の当たりにしたり、また

美味しい定食屋さんに連れて行って

頂いたりと本当に村嶋さんには

お世話になりました!





一回りも二回りも違う見ず知らずの若者に

無償で案内をして頂いたり、宿を提供して

頂いたりと本当に心の底から感謝が

湧き出て、私も無償で人の為に動ける人に

なりたいと思いました!





そして村嶋さんとお別れした後

熊本地震の被害が特に凄かった

益城町を見てきました!





益城町は道路はだいぶ通れるように

なっていましたが、住宅街の中の方は

まだまだ整備が進んでおらず、

家が全壊している所もあれば、

土地が崩れている所もあり、二階建ての

家の一階が潰れている所があったりと

あまりの悲惨さと数の多さに

只々驚くばかりでした!





実際に目に見えない所で

震災が起き、その震災の被災者の方が

たくさんいて、また被災者の方の為に

動く団体や組織の方々がたくさんいて

自分の目で確認して改めて感じる

刺激や恐怖がありました!





ついつい日常は平和だと勘違いしている

平和ボケの私には実際、現場に足を運び

自分の目で物事をしっかり見て、

色んな刺激をもらい、自分自身を動かす

原動力を得ることが大切だと思い

今回のブログを書かせて頂きました!





それでは今回のブログを簡潔にまとめると


人やネットなど情報を聞いたり、

調べたりするのは大事→しかし

自分の目で見ないとイメージが

湧きにくく、その先の行動に繋げにくい



しかし実際に自分の目で物事を捉える

→イメージが湧きやすく、色んな刺激も

もらえるので原動力になりやすい→

その先の行動に拍車がかかる



大学など座学が多く、時に

情報だけが多量に入ってきて

そこに一切のリアリティがない事も

中にはある気がしますが、メディアや

ネットなどの情報を入れる事と

現場で物事を見て、頭にリアルな情報を

いれる事を組み合わせると無駄の少ない

思考に至るのではないでしょうか!




というわけで長くなりましたが

今回の熊本の旅で思った事をつらつらと

書かさせて頂きました!





それでは!