学生のがん闘病日記〜たくさんの方々に支えられて〜

身体は拘束されていますが精神は自由です(笑)

時間は使い方次第ということ

こんばんは、今日のブログを更新します!






今日は時間は使い方次第ということを

書きたいと思います!





私は癌になってから約2ヶ月入院したの

ですが基本的に治療は抗がん剤を投入する

三日間は安静にしておくこと、

放射線を1日約10分照射すること、

後はたまに2、3週間に1回歯科に行くこと

くらいで基本的に時間が膨大にありました!





正月は外泊も出来たのですが

基本的にベットの上で長時間安静に

してとくという若い内には中々味わえない

寝たっきりの生活(実際に寝てばかりでは

なかったですが笑)を経験する中で

膨大な時間をいかに使うかということは

入院生活のテーマでもありました!






そこで私が主にやっていた事をまとめると

主に2つあり、

1、体調が良く人に会える時は人に会うこと

2、本をとにかく読みアウトプットできるものはブログに書く





この2つを徹底してやりました!





1つ目の人と会うことに関しては

色んな方お見舞いに来て頂き、

おかげさまで入院の3分の2以上は

1日に誰かとお会いするという事が出来、

当時抗がん剤の影響で免疫が下がっていたのでお医者さんには外部の方から菌を

もらわないようにと厳重注意を受ける程

色んな方にお会い出来ました笑





面会時間は朝11時くらいから20時くらい

までだったのですがその時間の中で

如何にして人とお話し出来るかというのを

タイムスケジュールを頭の中で決め、

体調と相談しながら大学の友達から

お世話になっている目上の方々、

地元の友達など幅広い方々に

お話しをして頂き、ある日は元気を

ある日は学びをと病院の中にいても

刺激をもらえる日々を人とお会いすることで

得ることが出来ました!






そして面会人にお会いせずに

1人で病院にいることがあったり、

またお会いしていても面会時間の後は

1人になるのでそんな時にはひたすら

読書をしていました!





お見舞いに来て頂いた人に

本を頂いたり、また貸して頂いたりで

本には困らなかったので

入院当時は経営学の本から自己啓発

小説、漫画など幅広い本を2ヶ月で

盛りなしで100冊は読みました!笑





そして読んでインプットしたものは

入院中に作ったこのブログに書いて

アウトプットして記憶に留めておくと

いうことをしていました!





また人に会わずともメッセージを

頂いたり、ブログを通じてコメントを

頂いたりとほぼ1日誰かと繋がれる

この時代に感動もしていました!





長くなりましたが要するに

外にいようと病院のベットにいようと

時間を使おうと思えばいくらでも

使う方法があるなと感じました!





これも私の話なんですが

大学1、2年の頃、日々をだらだらと過ごし

やる事が無くて暇だと常々思っていたのですが今思えば1日にやるべき事が明確に

出来てなく、また1日の内に時間を

使ったなと感じる瞬間が主に友達と

遊ぶ事だったので自分自身の選択肢が

狭かったのと両方あった気がします!





時間の使い方というのは場所、状況関係なく

当事者の意識次第でどうにでもなるのだなと

思ったのでブログに書きました!





1日に暇だなと感じる方はぜひ

時間の使い方というものを意識してみて

ください!





それでは!