読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

23歳大学生のポジティブな悪性リンパ腫闘病日記

身体は拘束されていますが精神は自由です(笑)

その日1日をより濃く生きる為に〜病気の経験があるから言えること〜

こんばんは、今日のブログを更新します!






今日はその日1日生命を燃やし

後悔なき日にするためについて

お話ししたいと思います!





と言いますのも今日、マーケティングの神

ダン・S・ケネディ氏の本を読み

その中でより早くプロに

なるためにはという項目で7つの条件があり


1.関連する業界誌や専門誌のバックナンバーを少なくとも一年分見つけて読む


2.業界誌や専門誌に載っているたくさんの

広告に問い合わせを出す


3.その分野での第一人者、成功者、

有名人を見つける


4.「大御所」たちの書いた本を探す


5.業界団体やクラブに参加する


6.ワークショップ、セミナーに参加する


7.周到な下準備を怠らない


上記のものが挙げられていました!





ここで7つの条件を自分なりに

抽出したところ、ある程度基準を

設けた上で情報を選ぶことにプラスして

基準を基に人に積極的に会っていく!





情報収集の上に自分の将来のモデルを作り

そのモデルの考えを反芻して

自分の言葉に変えていく、

こうして自分の型を作り上げていくことこそ

「プロ」になる方法だと思っています!






なぜ今回上記のプロの話をしたのかについて

前回と内容は似ていますが

人生という枠組みでより生命を燃やして

いくためには何かの「プロフェショナル」に

なることが必要なのでは?と思い、

書きました!





プロの意識をより多くの事柄に注げれば

忙しい中で充実感溢れ、生命が燃えるほどの

感情の昂りがあるのではないかと

思っています!





病気になった経験から言わせて頂くと

いまを生きる大切さ、そして

明日という日を迎えれるか分からない状況で

いかにその日1日を充実感溢れ、

悔いのない心境にもっていくかについては

生きる上でとても重要であり、

1日が潤う為にはなにかしらの

プロ意識を持つことにより生まれるものでは

ないでしょうか?





プロ意識を持つためには先程も言いました

基準を固めた上での情報選択、人との

触れ合い、そしてそれを達成する為の

大量行動が鍵になると思います!





みなさんはその日1日を有意義に過ごし

生命を燃やすほどのプロ意識は

持てていますか?





それでは!






引用元/大金持ちをランチに誘え

ダン・S・ケネディ著      枝廣淳子