読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

23歳大学生のポジティブな悪性リンパ腫闘病日記

身体は拘束されていますが精神は自由です(笑)

ガンになったことで感じる2つの利点

今日のブログを更新します!





前回に関連して病院になった利点について

お話ししたいと思います!





私がかかったガンという病気は

一見すごいマイナスに感じられますが

私自身はプラスに捉えています!





何がプラスなのかと言いますと

大きく2つあり、1つは病気により

様々な人に出会えて人脈が広がったこと!





そしてもう1つはモノの捉え方の大切さを

再認識出来たことです!





1つ目の人脈が広がった事に関しては

ブログ発信がきっかけで周りの方に

広めて頂いたおかげで様々な方に

お会いする事が出来ました!





ここでは色んな方にお会い出来て

見ず知らずの若者を応援して頂き

おかげさまで病院生活を明るく

乗り切れましたし、色んな方に

応援して頂いているんだなと気付けたことが

私が入院生活を乗り切る大きな原動力に

なっていました!





そしてもう1つはモノの捉え方の大切さに

気付けたこと!





この事に関しては人脈が広がった事に

関して気付けた時に病気になってもプラスの要素があるんだと事後になるのですが

病気をプラスに転換出来たことにより

病気自体をマイナスな要素だと

思わなくなりました!





人によってはマイナスと感じる事も私自身はプラスの要素に捉える事が出来るのは

やはり人脈が増えたというプラスの事実に

より病気自体がプラスに転換したこと!





この経験からモノの捉え方1つで

出来事1つ1つがプラスにもマイナスにも

変わるんだなと!要は心の持ち様だという

事が不覚にも病気を通じて認識出来たので

とても良かったと思います!





病気になったことで

1、様々な人に出会えた事

2、モノの捉え方の大切さを認識出来たこと

この2つの要素こそ私が病気になった

最大の利点だと思います!





ぜひ自分の中でマイナスだと思う要素、

出来事がありましたら

マイナス要素から得られるものは

何だろう?とモノの捉え方を変えてみて

ください!





それでは!