学生のがん闘病日記〜たくさんの方々に支えられて〜

身体は拘束されていますが精神は自由です(笑)

入院中ポジティブに乗り切れた理由

こんにちは、今日のブログを更新します!






今日は入院中ポジティブに乗り切れた理由に

ついてお話ししたいと思います!





以前ガン宣告をされた直後の気持ちの整理

方法についてブログに書かせて頂き、

気持ちの整理は付いていたのですが、

入院生活中において前向きに過ごせた要因は

別にあり、それはやはりたくさんの方から

メッセージを頂く、あるいは実際に

お見舞いに来て頂いたことです!





実際に宣告を受けてから約2週間後には

入院してしまい、出来る限りの人には

病気の事を打ち明けたのですが、

中には忙しい方などもいて、みなさんに

伝える事は出来ていませんでした!






だからこそSNSで発信したり、

またこのようにブログを書くきっかけに

なったわけですが、そのおかげなのか

知り合いの方からたくさんメッセージを頂き

また会ったことのない方からも

励ましの言葉をかけて頂いたりと

入院中は何度も助けられました!






実際に病気に関して悲観的になることは

なかったのですが入院生活中は

治療日程が終了してもいつ治るか分からない

まさに闇の世界!笑






入院中、個室だったこともあり

夜はどうしても1人になることがほとんど

だったのでいつ治るのか分からないことに

よる憤りと病院から出られないという

息苦しさを感じながら日々を過ごしている

感じでした!





しかしそんな感情に負けずに

明るく入院生活を送れたのが

先ほども書きました周りの人達の優しさに

触れることが出来たおかげです!






実際、ガンの患者さんの中でも珍しいと

言われるくらい毎日誰かがお見舞いに

来てくれ、多い時は1日3組くらい来てくれ

こちらが時間スケジュールを調整するほど

朝から晩まで来てくれたりしていました!






看護師さんもびっくりしていましたし

担当のお医者さんからは人が賑やかすぎて

人に会いすぎて感染症にならないようにと

手洗いうがいを徹底することを強く促されるほどのお見舞いに来て頂き、結果的に

2ヶ月間ほど入院していたのですが

おかげさまで1日中人と会わない日は

10日もなかったと思ってます!笑





そのことに加えて夜はブログなどを

発信した際に励ましのコメントを

頂いたり、LINE、メッセンジャーなどで

勇気づけて頂いたりと、色んな形で

人と繋がることが出来るのだと勉強させて

頂きましたし、やはり私は人に恵まれて

生かされていると強く認識もしました!






このことから人に助けられて生きているので

私自身も人を助けることがしたいと

思うようになり、前と比べて人間の情という

暖かさを意識するようになりました!






上記のことは病気になった利点としても

関連してくるので次回引き続き書きます!





今回は入院中ポジティブに乗り切れた理由に

ついてでした!





それでは!