学生のがん闘病日記〜たくさんの方々に支えられて〜

身体は拘束されていますが精神は自由です(笑)

ガン宣告から入院するまでの2週間で出来た気持ちを整理する方法

こんばんは、今日のブログを更新します!





以前、ガンが見つかるまでの10ヶ月の

奮闘を書きましたが今回はガンが

見つかってから入院する約2週間で出来た

気持ちを整理する方法を綴りたいと思います





去年の1月から鼻に異変を感じ始め、

そこから約10ヶ月病院を転々としており

忘れもしない11月10日にガン宣告を受けました!





ガン宣告を受けたのは私としては

予想外でもともとは口内の口蓋に穴が

空いていて、鼻と貫通しているため

その穴を塞ぐ手術をするための日程を

決めようという診察日でした!





その当時の事を振り返ると

手術日を決めるための診察を受けに行く→

診察室に入ると医者の顔が曇っている→悪性リンパ種が見つかりましたと報告される→

悪性リンパ種が分からず聞き返すと

それが血液のガンだと分かる→頭が真っ白に

なる→我にかえると親が愕然として

何度も聞き返してる





みたいな感じで診察室に入ってから

3分くらいの間に天と地がひっくり返る程の

衝撃を受け、思わず現実か分からなくなる

くらい自分を見失っていました!





ガン宣告を受けた直後は頭が真っ白になり

ただ自分はガンなんだという事実が

頭の中でゆっくり流れる感じ、

辺りは色褪せて見えるような

時がとてもゆっくり流れているような

とにかく変な感覚に陥ったのは覚えています





自分自身はもともと原因を特定する期間、

去年の1月から約10ヶ月の病院巡りで

何度かガンかもしれないと言われていたので

絶望を感じるわけでもなく、本当に

ただ信じられない心境だったのですが

親が愕然としていて、なぜ自分の子どもが

という顔で何度も本当にガンなのですか?

とかそれは治るのでしょうか?など

聞いていて、その姿を見た時に

当事者である自分がしっかりと気を

持たないといけないなと感じました!






自分自身が逆境にある中でも人に

意識してしまう癖はは高校野球の寮生活で

24時間先輩に気を遣わないといけない環境で

過ごした経験がある事と、父親

「苦しい時こそ涙を見せるな」と逆境でも

平然を装っていた事が自分自身の生き方に

染み付いているのが原因だと思います!





不思議なもので本当に驚いた時は

あまり声が出ずにリアクションも

まともに出来ないのだなとどこか

俯瞰的な自分もいたりしました!笑





そこから徐々に気を持ち直し、

宣告を受けて1日経った頃には

ありのままの自分で頑張ろうと

自分自身は開き直ることが出来たのですが、

1つネックだったのが周りに打ち明ける

タイミングが分からないということです!





私と会った事がある方は分かると思いますが

性格はもともと明るい方でガン宣告を

受ける前日も飲み会などでふざけたりと

病気のイメージから程遠いキャラで

あったのでその明るくおちゃらけたキャラが

一変して病気になったと打ち明けた時に

周りから凄く気を遣われそうなのが嫌で

打ち明けることを最初躊躇いました!





人に気を遣われたり、情をかけられる事が

あまり得意ではなく病気を打ち明けると

今までの周りとの関係性も壊れそうで

本当に恐い部分もありました!





自分自身に関してはすぐ割り切れましたが

対人関係の面で凄く躊躇してしまいこちらは

入院するまでの2週間ギリギリかかりました!笑






しかし、それでもありのままの自分を

受け入れて欲しかったので最初は

特別接点の多い方に徐々に打ち明けていき、

最終的には仲の良いグループ、団体などにも

打ち明けました!





もちろん最初は打ち明けた時は

元気な私を知っている方々から

こんな元気なのに信じられないと

驚かれていましたが、態度は変わることなく

私の為に泣いてくれる人もいたりと

病気になった事で改めて人に恵まれて

生きてきたなという事が分かって

気持ちに整理をつける事が出来ました!





まとめると私がガン宣告を受けながら

2週間で気持ちを整理出来たのは2つあり、

1つは親が出来ることなら代わって

あげたいと辛そうな顔をしていたが故に

当事者である自分はしっかりと気を 

持たなければいけないと感じた事、

もう1つは病気を打ち明けても

普段と変わらない態度で接してくれ

且つ私の身体を気遣ってくれる優しい方々に

たくさん出会えたと理解した事!





宣告から2週間で気持ちに整理をつけ

前向きに病気を捉えることが出来たのは

たくさんの人達の支えがあったことなので

この思いを忘れずに自分自身、

周りの方々、同じ境遇にある方々に

返せるように日々精進していきます!





ということでガン宣告から入院するまでの

約2週間で出来た気持ちを整理する方法でした





それでは!