学生のがん闘病日記〜たくさんの方々に支えられて〜

身体は拘束されていますが精神は自由です(笑)

人に何かを伝える方法!

こんにちは、昨日の分を更新します!





今回のブログは人に何かを伝える方法に

ついて書きたいと思います!






昨日は病気の通院で口腔外科に

行ってまいりました!





最近のブログで月1回の通院があると

書きましたが、実際鼻と口に癌の症状が

あったため、血液腫瘍内科、耳鼻科、

口腔外科の3つを併用しなくてはいけません





3つも科を往き来する意味があるのかと

疑問に思うことが度々あるのですが

それぞれ専門分野でしか見れない領域が

あるらしく、たまたま3つかけもち

しなければいけない状況になってます!





それに3つの科がそれぞれ融通がきけば

月一度、同じ日に3つの科を

併用出来るのですが、大学病院で

科によって診察日などが違い、

1日で全部の科を回る事は中々厳しいみたいです!





という事で、昨日は講義を

休ませて頂き、口腔外科に行き、

一応異常はなかったのでこれからも

バリバリと活動していきたいと思います!





ではここからが本題で昨日夜、

博多座に初めて宝塚歌劇団を見に行きました!




確か見に行ったのは空組で

シナリオはエジプトとエチオピアが

権力闘争をしている中、エジプトの将軍と

エチオピアの姫が敵国同士で禁断の恋に

落ちてしまい、様々な弊害と奮闘していくと

いうお話でした!





どちらかというとミュージカルというものに

興味があまりなく、とりあえず行って

ミュージカルを知ろうくらいの気持ちで

行ったので実際に見て迫力が

凄かったです!





ミュージカルなのでもちろん芝居の中で

歌いますが、声量がスゴい、綺麗に

歌が揃いハモる、ダンスもピッタリ!





3時間という長い時間で

さらにぶっつけ本番というプレッシャーも

かかる中でミスが一つもなく、

膨大な時間のレッスンそして

幾度となくリハーサルや公演で

演技をしてきたのだろうと見て思いました!





しかも多分ですが全国各地を回る中で

何度も同じ公演をやっているはずなのに

マンネリ化みたいなものがなく、

主役の方から脇役の方まで

動作の一つ一つの乱れがなかったりと

これがプロ意識なのかと思いました!





主役の方はもちろん目立ちますが

あまり光が当たらず目立たない脇役の方も

一つ一つ動作をキチンとこなし、且つ

表情にも妥協がない事に感動しました!





どれだけ主役が輝いても

例えば脇役の方が細かな所で妥協をしてると

客側の目を引き、残念な気分になると

思いますが、それがなく全員で

一つの作品となっていると感じました!





今まで映画や好きなアーティストのライブ

などは見に行き、映画では

二次元の世界にファンタジーを求め、

楽しんでいましたし、

好きなアーティストのライブでは

もちろんグループでも基本的には

みんな好きなので行くわけですから

主役脇役などの概念がなく、

その場の一体感を楽しんでいました!





そして今回初めてミュージカルを見に行き、

誰が欠けても作品自体が完成しない

ミュージカルというものを見に行き、

特に宝塚歌劇団の場合、弱肉強食の世界で

主役、脇役が存在するという

宝塚歌劇団としての背景も想像したりと

色んな楽しみ方があると思いました!




ライブや映画などはどちらかというと

その場を雰囲気を楽しんでいましたが、

宝塚歌劇団のようにその場プラス

宝塚歌劇団の背景そのものを提供していく

伝え方もあるのだなと思いました!





私自身も情報をブログなどで

提供していきたいので参考に

してみたいと思います!




というわけで人に何かを伝える方法に

ついて書きました!





それでは!