学生のがん闘病日記〜たくさんの方々に支えられて〜

身体は拘束されていますが精神は自由です(笑)

35章 悪性リンパ腫 血液のガンを経験した私の感覚〜自分の体験、経験に勝るものはない〜

こんばんは!









前回(34章)の振り返りとして
私が治療終了1カ月後の検診時に
私は「再発したとしても仕方がない。
その時はまた良い経験が出来る。」と
開き直っていた。

更に悪性リンパ腫発症時に人の温かさ、
日常の喜びを感じていたので「元気な時は
悔いを残さないように全力で生きる」という
姿勢で日々を過ごした結果、開き直りに
充実感が乗っかる形になった。

このような形になった時、心身共に満たされ
結果的に治療終了後1カ月検診では
何もなかったのではないか?と考える。








それでは続けます!







上記に記したように治療終了後1カ月検診は
特別異常もなく、2015年11月に
悪性リンパ腫 血液のガンが見つかり
2015年1月15日にはガンが消えて
退院できるという怒涛の2カ月間でした。笑








検査結果が分かる頃には2016年の3月に
なっていましたので今から約1年前の出来事で
はるか昔の出来事のように思えます!笑








話を元に戻しまして治療終了後1カ月検診が
終わった時からの具体的な治療内容として

・月に1度病院に通い、血液検査と診察を
   受ける

・月曜、水曜、金曜の週3回免疫低下防止の
   薬を半年間飲み続ける


たったこれだけでした。








治療終了後から2カ月程は抗ガン剤や
放射線で特に免疫が下がっている為、
週に一度くらいは病院に通わなければ
いけないだろうと思っていたのですが
「週に一度見せなければいけないほど
進行が早い病気ではないよ」と担当医に
言って頂けて気持ちが楽になりました。








元々、どこかの空間に居続けることは
それ程得意ではないですし、「週一度は
だいぶ拘束されるな」と思っていたので
月一度で良いと知った時はかなり嬉しかった。








更に驚いた事が禁止事項の少なさで

・免疫が下がっている為、海鮮系や
   生ものは禁止

たったこれだけでした。








免疫が下がっている時に海鮮系や
生ものを食べると食あたりなどを
起こしやすく、そこから肺炎などを
併発したら危ないからとのこと!








それ以外は割と自由で「過度な運動は
あまりお勧めしないが、適度な外出などは
寧ろオッケー。インフルエンザとかに
掛かってしまったらその時に電話して下さい」
という本当に大丈夫かな?と思うくらい
自由な生活!笑








きっと今まで何人も患者さんを
診てきた上で患者さんのストレスが
掛からない言葉掛けや出来るだけ明るく
病気を捉えさせるための気配りなどを
掴んでいたのだと思います!








九州大学病院の血液腫瘍内科は
全国でも有数の技術を持っているらしく
担当医がそこに在籍していたので
かなりの実績と自信があるのだなと
当時思いました!








この実績と自信がある先生に
「ある程度の外出なら寧ろオッケー」と
言われたものですから親の心配をよそに
友達と遊んだり、自由にドライブしたりと
やりたい事やりたいようにやりました!








この当時、抗ガン剤の影響で
眉毛も抜け、髪も抜けてスキンヘッドに
近かったので多分ですがかなり人相が悪く
道行く人に見られていましたがそんなこと
御構いなしに今まで出来なかった事を
好きなように行う生活を楽しみました!








上記の内容を纏めると要するに
私にとってガンはそんなにキツい病気では
ないという事。








ガン発症から約2ヶ月でガンが消滅し、
その間の抗ガン剤や放射線
耐えられる範囲のものであった。

更にガン寛解後も治療は月一度の通院と
週3回の薬を半年間飲み続ける事だけで
禁止事項は半年間海鮮系や生ものの我慢。








あくまで私の経験に基づいた話ですが
病気が分かった当初、この何十倍、何百倍も
苦しい治療を想像していました!








しかし、実際はそんなにキツくないし
経験してみなければ分からない!








精神的に1番キツかった時はやはり
病気当初の必要以上に色々と考えてしまい
自分で勝手に”苦しい、辛い”を拡げて
しまっていました。








百聞一見にしかずと言いますが
自分の目で見て、体験する事が1番
理解出来ますし、想像すれば辛さや
苦しさはどこまででも拡がるのだと
分かったところで今日のブログは終わります。







 
自分で想像して勝手に苦しさや辛さを
膨らませていませんか?







 自分で見た事、経験した事を
大切にしていますか?








それでは!

号外編 7章 大きな変化を生むために〜まず5分間やってみる〜

おはようございます!









前回に引き続き今回も
私がガンを前向きに捉える要因となった
タル・ベン・シャハーさん著書の
「次の2つから生きたい人生を選びなさい」
の記事の一部を紹介したいと思います!








以下引用。








A 先延ばしにする
B いまやる

---------------------------------------------------------
  どんな長い旅も、最初の一歩から始まる。

                                                          老子
---------------------------------------------------------








問題を先送りにして、今日できることや
すべきことを無意味に先延ばしにするのは
誰もがよくやっていることです。







たとえば、大学生の70%以上は、
自分のことを「先延ばしにするタイプ」
だと言っています。








すべきことを何かと先延ばしにしたくなる
気持ちは理解できますが、そうすることで
私たちは大きな代償を支払っています。








研究によると物事を先延ばしにする人の方が
ストレスを多く感じていて、
免疫システムも弱く、よく眠れず、幸福感も
低いそうです。








しかしありがたいことに、「先延ばし」を
やめるための有効な手段も研究によって
明らかになっています。








その中で最も重要なテクニックは
「5分間テイクオフ」
(まず5分間やってみるという方法)です。








先延ばしにする人は、「何かを始める時は、
本気でやる気になったときだ」と
思っていますが、しかしそれは違います。








Action「とにかく」する習慣をつける








「先延ばし」の傾向について調査している時
私は妻のタミに「5分間テイクオフ」を
説明し、私が午前中、執筆活動を開始する
ためにしょっちゅうこのテクニックを
使っているという話をしました。








すると妻はびっくりしたように
「あなたはいつもさっとパソコンに向かって
そのまま何時間も仕事をしているじゃない。
いつも集中してるわよ」言いました。








たしかにその通りですが、だからといって
私が物事に取り掛かるのが得意だという
わけではないのです。








特に最初の5分間は気が散ってしまい、
集中力が出ず、なかなか生産的になれない
ことがあります。








5分間テイクオフを2〜3回繰り返さなければ
ならないこともあります。








私は最初の10〜15分間、ひたすら
「とにかくする」(ジャスト・ドゥ・イット)
ことを心掛けています。








もしあなたがなかなか運動できないで
いるなら、「とりあえずランニング
シューズを履いて走りはじめる」ことを
選んでみてはいかがでしょうか。








行動すればすみがつきます。








やらなければならない仕事があるなら、
ベストタイミングを待ったりせず、
「いますぐ始める」という選択を
してください。








--------------------








上記の引用はすごく参考になりますが
実際私は「とにかくやる」事が
凄く苦手で「5分間テイクオフ」を
よく使っています。笑








実際は自分で先送りせずに出来るのが
1番であり、私は本質的に怠け者体質なので
31章で書かせて頂いたように入院中のリズム
(起床、消灯、ご飯、治療時間等)によって
半ば強制的に制約をかけられ、
先送り出来ない生活を強いられてました。笑








しかしこの経験により、先送りだらけ
だった私の生活にリズムが生まれ、
結果的に退院後も「〜まで終わらせる」
「とりあえず取り掛かる」などの習慣が
身につき、味覚障害研究など結果を
出せる要因に繋がっています!








引用の中で「研究によると物事を
先延ばしにする人の方がストレスを
多く感じていて、免疫システムも弱く、
よく眠れず、幸福感も低いそうです。」


とありましたが実際に先延ばしにすると
心のどこかでその事が気になり、
なにか気持ち悪いという状況に陥ります。








逆に集中出来ても出来なくても
「とにかくやってみる」で着手した事は
少なからず実行しているので充実感が
得られ、気掛かりが何もなく、スッキリして
寝る事が出来ます。

(これは私が大量に経験済みで私の場合、
朝まで起きる事なく快眠できます)








どうせ先延ばしにして気になるなら
いっそ中途半端でもまずやってみる事が
重要だと思いますし、その微妙な違いが
後に大きな差になって現れるのではないか?
と思って私は「とにかくやる」を
心掛けています!








この習慣が功を奏したのか、
味覚障害研究では結果を残し
その際にガンについて勉強したので
1年間再発もなく無事過ごせているのだと
思っています!








やるべき事を先送りしていませんか?








「まずやってみる」を実践出来てますか?








それでは!








34章 治療終了後1ヶ月検査で異常がなかった理由〜開き直りの上に充実感を乗っける〜

こんばんは!








前回の振り返りとして味覚障害研究など
一見大した苦労をせずに上手くいっている
ように見えても実は失敗を数多く重ねて
たまたま1つの成功を掴んでいるのであり、
失敗を恐れずにとにかく挑戦し続ける事が
結果を出す上で大事だと学べた。








それでは続けます!







上記ように味覚障害研究をしながら
日々を過ごして丁度退院から約1ヶ月後
2016年2月半ばにCT検査とPET検査を
受けました!








CT検査、PET検査とは具体的に何なのか?
について説明しておくと簡単に言えば
ガン細胞があるかどうかのチェックをする
検査です。








CT検査はレントゲンのようなもので
点滴から造影剤を体内に入れて
約15分間の検査をして白黒の写真で
ガン細胞があるかどうかをチェックします!








CT検査を受けてたから約1週間後に
PET検査を受けるのですがPET検査は
点滴から全身にブドウ糖のような液体を
流し込んで、サーモグラフィーのように
ガン細胞があれば糖分が集中して
赤く光り、異常がなければ全身青色で
色で判断する事ができるみたいです!









イメージこんな感じです!
{8AB4B875-E49D-431A-8504-114E3D3073A1}








特にPET検査はガン細胞が糖分を
栄養に成長しているのを逆手に取った
検査みたいで初期のガンや転移ガンを
見つけやすくなっているみたいです!








話しを元に戻しまして約1ヶ月後に
CT検査とPET検査を受けた時は
再発して欲しくなかったですが
それ以上に検査当時、心身ともに
体調が良く「これから将来に向けて
やらないといけない事がいっぱい
あるから再発なんか起こるはずがない」と
何の根拠もない自信がありました。笑








今、振り返ってみるとあの時の自信も
1年経った今でも変わらず持ち続けている
「再発が起こるはずがない」という自信は
「もし仮に再発していたとしても
仕方がない。また治せばいい。」という
ある種の開き直りから来ていると思います!








開き直りをした上で悪性リンパ腫
なった事で初めて理解した日常生活の
有り難み(人の温かさ、美味しいと感じる
喜び、自由に生活出来る素晴らしさ)を
噛み締めて生きていたので必然的に
1日の充実感が増し、「これからまだまだ
学ぶ事、感じる事がいっぱいあるのに
再発している場合じゃねーよ」状態に
なっていました。笑








正直な話、再発は怖いですが
”再発が怖い”と捉えてしまうと
恐怖を肯定してしまうのでそうではなく
”再発しても仕方がない”と捉えると
本当に頭の中が楽になり、もし再発しても
悔いが残らないように日々を過ごさねばと
勝手に身体が動くようになると思います!








加えて”再発しても仕方がない”と
考えるようになると悪性リンパ腫
なった事で感じる様々な利点を思い出し
「もし再発したとしてもまた色んな事が
経験できる」と自分の中で落とし所が
出来て、納得して日々を過ごせます!








そうなってくると開き直りの上に
日々の充実感が乗っかり、たまに再発の
恐怖が頭をチラついても「再発したら
また良い経験が出来る」と納得できるので
もはや恐怖感が無くなります!








この思考の結果として退院1ヶ月後の
検査では異常は何も無かったですし
約1年経つ今でも異常が見つからないので
この思考をぜひ使ってみてください!








ガンは発見時、治療期間、寛解期の
再発の恐怖などそれぞれの期間で
怖さや辛さがありますが起こっている
事実は変えられないので捉え方を
変えてみる事をぜひおすすめします!








恐怖から目を背けて、悪い方向に
物事を考えていませんか?








恐怖と向き合った上で開き直り
納得して日々を過ごせていますか?








それでは!